秋のツンデレ

台風が去るとすっかり寒くなってしまいました。



まだまだお仕事真っ最中で
チビ旦那からのお誘い。

 

夏によく散歩に行ったコースが

もう晩秋の装い。

寒かった〜

結局若旦那も参戦で親子3人で歩く夜道。
 

お財布チャレンジ

 

一目山に二人で行ってきました〜

超快晴(^^)v

 

チビ旦那、昨日は修学旅行の振り替えでお休み。

それに合わせて休館日を頂きました。

(引き続き本日も休館日)

パートさんが風邪をひいてその穴埋めをチビ旦那がしてくれて。

段々成長はしてるんですが、

想像を絶する山奥在住な為、一般常識が…



 

修学旅行ではきちんとお買い物できたみたいですが、

お財布のチャックが壊れて帰ってきました_| ̄|○

使いやすいものを探してます!!

行く先々で自分でお支払いをする練習。

 

…遅いかと凹


 

沢山お手伝いしてもらって、

頑張った暁の焼肉〜

スタミナ補給出来ました。

ミッションクリア

 

チビ旦那、帰宅〜

土曜日の18時に解散て…

昨日に限ってパートさんドタキャン‼

祖父ちゃんである父にお迎えに行ってもらいました。

軽トラックで帰ってきたチビ旦那を

家族で待ちわびてました。

色々飛び交う質問をサラッと流し、

好きなものばかりが並ぶ夕食を喜んで食べてました。

 

おやつよりもおかずをと注文していたので

お土産は『長崎ちゃんぽん』

 

ストライク!!


 

そして『これはお母さんに』

と、ヘアクリップ〜

 

…若干渋めではございますが、

人生初の息子からのお土産。

棺桶まで持って行くつもり。

 

うれしい〜〜〜(*^▽^*)

 

はじめてのおつかいどころか

お店も、横断歩道すらないので、

一般的な常識をいつどこで学んでいくか不安でしたが、

子どもは子どもですぐ順応し、

成長していくものですね。

お土産のセレクトも彼らしくて、

少し離れてる時間が貴重でした。

 

お帰り、チビ旦那。
 

チビ旦那の小さな旅立ち



休館日明け、修学旅行に行くチビ旦那を送りに行きました。
宿から30分ほどの九重町役場付近まで。
中学校が統合され、来年からはここまでバスで通います。
修学旅行は統合前ですが、町内の小学校合同で長崎に。
それでもバス2台という少なさ。

朝は5時頃から2人で朝食を済ませるつもりが
両親が起きてきて、車で出発するまで見送ってくれました。

車を走らせると雨は止み、涌蓋山が現れ、
チビ旦那を見送ってくれてるようでした。
途中、鹿が道路脇に顔を出していたり鹿
しばし2人でクスクス笑い合いました。

折りたたみ傘も初。


お財布を持つのも初。

色々引き出しを漁り、
使いやすいものを渡しました。


 マジックテープのお財布( ´艸`)

 

何十年も前に祖母がお小遣いを入れて

渡してくれたお財布なんです。

注:祖母は未だに健在ですけどね。

 

帰りは少しだけ休憩の珈琲。

今日明日は寂しい〜〜〜〜

チビ旦那稲を刈る

お早うございます。

…物凄い筋肉痛で明け方から眠れず。

米作りとは恐ろしや〜

 





 

昨日は午前中だけのはずが、

早く帰宅したチビ旦那と稲刈りのお手伝い。

コンバインで刈り取れなかった稲を鎌で刈り取り。

 

『僕もやる!!』

 

というので飽きるまでやらせる。

女将の兄が助っ人で来てくれてたので、

作業を眺めたりおしゃべりしたり。

普段は学校で見れないこの作業、

いい経験になったかも?

九重町、文化センターに『れきはく』がやってくる

 

歴史大好きのチビ旦那、

WSに参加してきました。

 

 

古代絵の具でアートする。

これまた絵が大好きな彼にはぴったり〜

 

地域で集まっての参加。

イマイチ何のことだかわかってなかった様子で、

無理矢理放置して預けて帰ってきましたが、

迎えに行き、車から降りて来た彼の姿は誰よりも楽しんでた様子。

 

古代絵の具だけに渋い色で構成されてます。

学芸員さんの解説も興味津々だったようで、

色々力説してくれました。

 

タイトル

 

『虹』虹

 

余白、計算、迷いがないチビ旦那の絵は

いつも逆を行く若女将からすると羨ましい限り。

私も何を隠そう歴史好き。

開催期間中に見学しようと思ってます。

 

奇跡の晴れ

お祭り最終日。
目が覚めたら雨が降っていた昨日は
一日中、集中力がなかった。
外を練り歩くお祭りは雨天決行。
チビ旦那を小学校へ送り出し、

『今日でお祭り最後だから、
                          頑張ろうね』


と。

最後の日が雨かぁ…

 

私が一番凹んでんじゃ〜ん泣き

と鬱々と客室のお掃除。

今まで長く取り組めたことは無かったチビ旦那。
小さな宿で山奥にある我が家は
習い事もさせずに今まできてしまった。

休日もゲーム三昧やし…

唯一と言って良いほど、
取り組めたお祭りの踊り。

難しい振り付けはとうとうできなかったけど。

色々な事を思い出していたら、
奇跡の晴れ間が!!!!

   じゃじゃ〜ん(古っ)晴れ

お客様が全てチェックインした事をきっかけに
お祭りの会場へ。



綺麗な小川や





秋の景色。
来年からはもう来ない道。たぶん。



もう終盤のお囃子が遠くから聞こえ、
間に合った安堵感と遠くからでも分かる
我が子の姿にまたしても泣いてしまう。
諦めずに来て良かった。
沢山の日々が思い出に変わる。

往きの車から

小学校1年生からチビ旦那が参加しているお祭り。

昨日は家族総出で観に行ってきました。

10日ほど前からほぼ毎晩踊りの練習。

毎年やってるにもかかわらず、

運動も踊りのセンスもないチビ旦那は

壁にぶち当たり、仲良しの男の子とのペアからも外れ、

悔し涙を浮かべた日々でした涙

 

そんなことが毎年のようにあり、

励ましたりおだてたり。

仕事で大雑把な対応しかできないときがほとんどでしたが、

家族の愛情を一身に受けて育ったチビ旦那、

今日はお祭り会場に向かう行きがけの車内でも

今までの6年間を思い出し、涙があああああ〜

 

助手席に座っていた若旦那、呆れる。

『こんなことで泣いてたら、

   卒業式、どうなるん?』若旦那

 

『泣きすぎて死ぬやろね…』私

 

 

段々少子化の煽りを受け、

子どもの列も短くなってます。

 

踊りが苦手なチビ旦那は

なんでお祭りなんかあるの?

と苦しみの質問。

 

…そんなこと考えた事ねぇけんな〜

まして、こちらに嫁ぐ前は

せいぜい御神輿担ぎをするお祭りが主で、

子ども達がガッツリ参加して踊りの練習とか、

都会はそんな繋がりは無かったんだと思う。

 

地域の人々が一体となって取り組む姿勢


 

お祭りの運営は保存会と毎年交代制の地域の世話人で

取り仕切っていて、感心するほど温かさが伝わる

子どもを大切にしたお祭りなんです。

 

境内を踊りながら練り歩く子どもたちは

まさしく神様からの賜りものという気がしてなりません。


 

御神輿の間を通る女将。

この後私も。

縁起が良いらしい♪

 

全く上達しない我が家のチビ旦那も、

きっと我が家にと神様が白羽の矢を立てて下さったのでは?

 

もう来年からは(お祭りに)出なくていいよね?

 

と、チビ旦那が言うので

最後の姿になると思います。

そう思うと、6年間を思い出したり、

小松別荘の若女将が毎年『そろそろだよね〜』と

衣装を綺麗に準備してくれる事を急激に思い浮かべて

誰も泣いてないのに一人でぽろぽろ涙が出てしまうのでした。

 

小さい頃から手も掛からずそつなくこなす子どもだった私は、

両親に何か残せただろうか?

きっと息子のように手が掛かる子供の方が

愛らしく、思い出に残る子育てなんじゃないかな〜

と若干嫉妬も入りつつ。

 

明日が最終日。

お仕事もバタバタですがそれも我が家の子育て。

ちゃんと神様は見ててくださるような気がします。

 

 

ギリ間に合った〜



チビ旦那を小学校でピックアップして
大分県立美術館で開催中の 『ジブリ大博覧会』へ。


小さい頃からよく父に美術館に連れて行ってもらってたっけ。
身近にあった文化施設はここには無い。
運転が苦手な私はついつい足が遠のいてしまう。

諦めてしまう事に慣れていた。
それ程思い入れはないんですが、
意外に作品を観ている私。
チケットも頂いていたんで、

 

行かないと〜!焦る


と焦りながらも新学期が始まり、
無理かも…と、諦めに近い心境でした_| ̄|○

作品を世に送り出すまでのやりとり。
宣伝戦略、ロゴデザインのコーナーは興味深く、

歴史や昆虫大好きなチビ旦那と

それぞれ楽しめる企画展でした〜
親子でガチ鑑賞。
楽しかった〜

 



諦めない事、生きる、働く。
が、今の若女将のテーマかもしれない。


 ↑チビ旦那は<バルスTシャツ>

  若女将は<ここで働かせてくださいエプロン>購入

  ついついノベルティで散財する親子凹

 

ガッツリお休みさせて頂きました。

9月はゆったりのご予約なので、

まだご予定が決まってないお客様、

是非、遊びにお越し下さい。

 

一気にジブリづいてるチビ旦那

&若女将を笑ってやってください♪

温泉タオルで新学期

新学期のお約束。


雑巾作りはチビ旦那自身で作ってもらいます。





若女将のミシンで一気縫い。
名前、漢字で書こうや〜(>_<)

 

宿のタオルは雑巾にぴったり〜

是非、お持ち帰りになり、新学期の雑巾に仕立ててみて下さい。

旧湯けむり暦へ

Copyright(C)2009 YUNOMOTO-SO All Right Reserved